スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本フィギュア終了。

 28,2008 00:00
あー、疲れた。観てるだけなのに。(笑)

村主さんは、昔から国際大会よりも国内大会で高評価を得易い選手だったので
もしかしたら…と思ってましたが、凄~く高かったですね(^^:
終わってみれば、FS1位でした。パーフェクトではなかったのに
ちょっと出すぎでは…・(汗)×2と思いつつ、良い演技だったことに変わりは無いですね。

それにしても、ニコライ…村主さんの本番、リンクサイドに居ないし!ガーン
6分間練習で、安藤さん&村主さんの衝突・転倒のアクシデントはありましたが
奇しくも衝突した相手の村主さんだって、自分の教え子じゃないかーうーむ…
でも、事実ニコライが側に居ない時の方が、村主さん成績が良かったりする…(苦笑)
今回もそうでしたね。安藤さんの方が、実際痛そうでしたけど…
なんか、彼女こういうの多いですよね<直前に怪我系。なんなんだろ(^^:

鈴木さんは、今季のFSとても自信があるというか、ご自身でも乗り易いんでしょうね。
今日もNHK杯のような、素晴らしい演技でしたグッ
急に出てきた選手みたいな感じですが、本来ならば、安藤さん世代で
ずっと一緒に試合に出場してたはずの選手。
地道に努力してきた人がこうして活躍してくるのは、嬉しいことです。

中野さん、実はSPは尻上がりに良くなっていたものの
FSは、実は初戦(スケアメ)の出来が一番良く、その後ポイントも下降線だったので
不安は不安だったんですが…彼女にしては珍しいようなジャンプのミスが続いて
特に後半バタバタとした感じになっちゃったかな。
スパイラルでも、一瞬グラついてたような?
3-2-2の連続ジャンプでのミスなんて、近年殆ど記憶にないくらいなのに。
冒頭の3Aを2Aにしてきたのは、予想通り。 これは正解だったと思います。

うーん。やっぱ残念。

世界ランク4位の中野さんが、世界選手権に出られないなんて。涙
(んもー。村主さん、頼んだよーっっ汗とか

・・・でもやっぱり悔しい~~(ToT)
悔しいって言うか、今季絶好調じゃなかった中、持ち前の努力と根性で
コツコツと好成績を積み重ねていった彼女なだけに、本っっっ当に気の毒で…がーん
結果を冷静に受け止めて、インタビューの最後まで笑顔で通した彼女は
とても立派だったと思います。でもずっと観てますから…
笑顔の奥の落胆と困惑は手に取るように伝わって来ました(涙)
今、どんな気持ちでいるのか…。ファンとしては想像するだけで居たたまれない。
一番悔しいのは本人と解っていても、この気持ち、どうしてくれようがっくり

真央ちゃんやキムヨナさんのように、頭1つも2つも抜きん出た選手達と、
奇しくも同時期に戦わなければならず、 そんな中、3-3のジャンプもなく
彼女の得意とする3Aも認定されづらくなった今、
ようやくココまで評価されるようになってきた中野さんだけに
この終わり方はあんまりでしょ~~。・゚・(ノД`)・゚・。
世界選手権、もしくは四大陸のどちらか、あるいは両方で
また必ず今季の演技が観られると思っていただけに、
しつこいようですが、本当に本当に本当に残念(ToT)
(※ちなみに、世界選手権の代表は昨日の表彰台選手、
四大陸の代表は、真央ちゃん・村主さん・鈴木さんです)
鈴木さんの活躍は嬉しいですが、ビミョー。ビミョー。ビミョーーーー。

ちなみに3~5位は、1.49pt差の中にひしめく団子状態。
(あーこういう書き方をするとさらに悔しい(ToT))
中でも、3位の安藤さんと4位の鈴木さんの差は、なんと
わずか0.11ptだったんですねビックリ2鈴木さん、惜しかった(>_<)
個人的には(ゆかりんじゃないなら)鈴木さんに、あのFSの演技で
海外のお客さんを魅了して欲しかったなぁ…。昨年のゆかりんのように。
あぁ、こんな魅力的な選手がまだ日本には居るんだ、って知って貰えたと思う。

勝負の世界なので仕方ないですが、今季の成績は全く無視で
たった1回の国内大会の結果で、2大会分の国際大会の代表を決めてしまう
全日本のシステムには、いつもギモンですうーむ…
SPの中野さんや真央ちゃんといい、FSの村主さんといい、
明らかに、国際大会とは違う点の出方をするし…。

まぁでも、ファンは勿論ですが、一番悔しいのは本人だと思うので、
またこの悔しさをバネに、来シーズンに向けて頑張ってくれるんじゃないかと!
(その前に心身共にゆっくり休んで、しっかりリセットして欲しい…)
彼女なら越えられる試練なので、与えられたんだろうと思う事にします。
頑張り続けてる人に頑張ってって言いたくないけど、
選手でいる以上は、向上し続けるのは必須。
努力家のゆかりんなので、またこの壁を乗り越えてくれると信じてます☆

終わってみれば、やっぱりノープレッシャーの下位選手(最終グループでの)
であればある程、伸び伸びした会心の演技が出来た、という印象でしたね。
全日本って、国際大会と得点の出方も違うし、
やっぱり独特の雰囲気のある大会なんですよねー。
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。