僧帽弁閉鎖不全症

 17,2009 00:00
16時、お迎えに。

まずレントゲン。
毎回言われるんですが(^^:「便秘気味」と…。
通常の位置より、胃に近い方までウン☆が写ってるそうなんです。
でも、便秘気味と感じた事はないのよね~。
むしろ1日3回とか4回とか…結構出てる方だと思うんだけど(^^:
まぁ、普通に出てるなら問題ないそうです。
あと、すい臓のあたり?(右腹部)にガスが溜まってるとか言ってたな。
気になるって言ってたけど、このあたりの説明は忘れちゃいました焦る3

そして心臓heart02ですが、レントゲンではあまり良く解らないんだけど
エコーで【軽度の僧帽弁閉鎖不全症(血液を身体に送り出す時に、
左心室の弁がしっかり閉まらず、血液が逆流する症状)が見つかりました。
心雑音はこのせいだったようです。
この病気は、老化に伴い、どの犬種にも有り得るものなので、仕方ないですね。
(特に小型犬に多いようです)
基本的に治す病気ではなく、付き合っていく病気です。
前の日記にも書きましたが、6段階中の1段階という感じなので軽度。

次に心電図jumee☆Manic-Depressive
たまたま、昨年2月末に検査入院した時にも心電図をとってあったので
それと比較する事が出来たんですが、シロウトがパッと見ても解るくらい
波形が全然違っててビックリ。
鼓動の幅もだけど、回数が全然違いました。
現在見られるのが【徐脈】(不整脈の一種で、標準より心拍が遅い)
通常、一分間に60回くらいだそうですが、パッチは50回を切ってるようです。
普通は人間もそうですが、心電図を取る時って犬も緊張するので
どちらかというと早くなるんだそうですが、パッチは逆。
あと昨年のものより、跳ね上がり幅が大きい=心肥大しているとの事。
そして、心肥大は甲状腺機能低下症とも関連している可能性があるとの事でした。
(↑のリンクにも、症状として「心拍が遅い」「心肥大」と書かれてます)
やっぱり、精密な検査をして貰うようにして良かったです。
甲状腺機能の検査は外部に出すので、数日後。
ちなみに、通常の血液検査は異常なしでしたナイス

0317kensa_k.jpg
お薬は、動物用医薬名:エナカルドが処方されました。(ヒト用医薬名:レニベース
0317enakarudo.jpg

ヒトでは、副作用として咳が主に見られ、動物では殆ど副作用は見られないそうですが
院長は一件、動物で咳の副作用を見ているとの事。
基本的に第一選択薬のようで、強いお薬ではないそうです。

↑のリンクで見ると、ヒト用だと83.7円/錠。動物用は400円/錠…。軽く4倍以上か・(汗)×2
まぁ、動物用医薬品は人間と共通のモノが多いですが
価格は大体こんなもんですね。ヒト用でいいよー!(T∇T)

『心臓病のお薬=飲み始めたら一生飲み続けなくてはいけない』と認識してたので
その事を伺ったら、今まではそう言われてたけど、最近はそうとも限らないそうです。
3~4ヵ月続けて、経過を見るとの事。
逆に効果が見られなければ、他のお薬をプラスするらしいです。

僧帽弁閉鎖不全症については、とても解り易いサイトがあったので
右のリンク欄にも、リンクしておきました。




動物だと、病院でその日のうちに出来る検査と言ったら、
聴診・視診・触診・血液検査・レントゲン・心電図・エコー・検便・検尿。
多分このくらい。

パッチはこの11年弱、この他にMRIや脊髄造影やバリウムなど
あたしもやった事ないような検査をアレコレ受けてきましたが、検査で病名が付くような
メジャーな病気に殆ど掛かった事がなく(大腸炎くらいかな(^^:)
「原因不明でいつの間にか治るパターン」ばかりだったので、
飼い主としては、気が休まらない事ばかりでした。
逆にそれが普通になってしまって「まー動物の病気は解らない事も多いし、
治ればそれで良しナイス」という感覚に慣れていたんですが
アッサリ検査で結果が出て、治療方法が解っているというだけで
こんなにも気楽なものとは思いませんでした(笑)
病気が出てくるのは決して喜ばしい事ではないですが、
あたしとしては、「あー良かった(´▽`)(しかもメジャーな病気で)」と、
かなりホッとしている感じです。

奇しくも、昨年の病院主催のセミナーのテーマが
【犬猫の心臓について】特に”僧帽弁閉鎖不全症について”だったんですねー!
今年だったらかなりタイムリーだったけど。(笑)
そしてセミナーレポUPしておいてよかった。改めて読み返しました。
今年のセミナーレポも、すっかり時間が経ってしまったけどUPしなくては(汗)

Lapiママに作って頂いた、おニューのヘンプネックレス。鮮やかなブルー砂浜
0317hemp1.jpg

■覚え書き■ 体重 約9.5kg
内用薬     ¥2,800(エナカルド7日分)
外耳処置    ¥1,500
検血料      ¥8,000
X線料(4枚)  ¥7,500
入院料(半日) ¥1,500
超音波検査   ¥5,000
心電図検査   ¥3,000
甲状腺検査   ¥20,000
△アニコム   △10,000    計 ¥39,300-
関連記事
スポンサーサイト

Comment 5

2009.03.19
Thu
18:23

ありょはは #RRGdEzME

URL

Re: 僧帽弁閉鎖不全症

はろはろ。

パッチ、お大事にね。
覇気がない君は君らしくないぞ~!

編集 | 返信 | 
2009.03.20
Fri
21:52

ドリイオママ #cicz37yo

URL

Re: 僧帽弁閉鎖不全症

パチママさん、こんばんは。
パッチくんの状態はどうですか?
ブログ読んでめっちゃビックリしました。
検査ってホント大変ですよね。
我が家もドリイオの検査いろいろやったので大変さは少しはわかるつもりです。
金銭面も大変ですよね。
元気でいつも優しいパッチくんに会えるの楽しみにしてますのでパッチくん頑張ってね。
パチママさんも無理しすぎないでくださいね。

編集 | 返信 | 
2009.03.21
Sat
13:34

パチママ #U7feGSno

URL

Re: 僧帽弁閉鎖不全症

■ありょはは
おお~書き込めた!?良かった良かった♪
ありがとね。ありょははが帰ってきたら、
ありょろじとの再会も待ってるしね!
まぁ、治療する病気ではないので、その頃にはまた
落ち着いて、それなりに元気に会えるといいなー!

■ドリイオママさん
どうもありがとう!
検査は結構犬にとっても疲れるでしょうし、
金銭的にも大変ですよね(^^:
でもこうして病気が早いうちに見つかるのだから
やっぱり価値のある事ですもんね。
何事もなければ、それに越した事ないですし!

パッチ、家ではかなり普通の状態に見えます。
ブルブルも、日に日にできる回数が増えてる感じです(^^)
元気そう!と思って外に出ると、急に調子悪そうにしたりもするので
まだあたしも試行錯誤という感じですね(^^:
ご心配頂いてありがとう~!

編集 | 返信 | 
2009.03.25
Wed
11:53

ニコ #0DW/rr8Y

URL

Re: 僧帽弁閉鎖不全症

心臓も甲状腺の病気もビーグルには多いですよね。
やっぱりこういう大きい検査も定期的に必要だなと実感しつつ、、、
なかなか受けていないのが現状です(汗)
その後、パッチ君の調子はどうですか?
イッチンも、時々トボトボ歩くことあって、
元気ないかな?って思うことあります。
動物って言葉が話せない分、心配になりますよね~。

編集 | 返信 | 
2009.04.02
Thu
22:02

パチママ #U7feGSno

URL

Re: 僧帽弁閉鎖不全症

■ニコさん
お返事すっかり遅くなってしまってゴメンなさいね~(汗)
一週間も放置してしまって、失礼しました。

そうですね~、心臓も甲状腺も周りでも聞きますね。
心電図とか、検査入院でもする機会でもないと、なかなかね(^^:
それなりの年齢になったら、健康そうでも
ドッグドックのようなものを受けると安心でしょうね!

お蔭さまで、最近はパッチも安定してきたみたいです!
連日出歩いてたんですが、ピンピンしてます(笑)
トボトボ歩くとか、年齢的なものかな?と思いつつ
やっぱり今回のように病気が隠れてたりするかもしれないですしね。
イッチンも元気かな~??

編集 | 返信 | 

Latest Posts