スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ検査中・・・

 24,2009 23:00
WBCも終わり、清々しい気持ちで病院へ。
午後の診察は16時~なんだけど、開始時間は混みがちなので
10分ちょっと前に到着。
2日前くらいから、家でも「どよーんたらん」とした表情が無くなり
普段通りな感じに戻ってきていたんだけど、今日は歩く速度も大体普段通り。
頭も上げてスタスタと歩いてくれたので、思ったより早めの到着で午後イチGET(^^)

椅子の下に隠れて、必死に気配を消すLOWなパッチ(←無駄な努力)
0324west1.jpg0324west2.jpg

さて。甲状腺機能の検査結果ですが。

一応結果は送られてきてたんですが…
0324data_k50.jpg

甲状腺機能低下症の診断に決定的な項目が「遊離サイロキシン(FT4)」
という項目なんですが、いちばん肝心なトコが『検査中』だって(^^:
この検査で、結果がバラバラに出てきたのは初めてなので予想外。
結果が出てるか出てないか、どっちかだと思ってたので…。
ちなみに、この結果は採血の翌日に送られてきているので、
FT4の検査に時間が掛かるのかな。
T4の数値は、前回1.9→今回1.8という事で、問題なし。

気になるのが、一番下の「犬甲状腺刺激ホルモン」ですが
参考基準値の上限(0.32)の数値が出ています。(前回は0.27)
ココが高いという事は、脳が【甲状腺刺激ホルモンをもっと出しなさいよ】
指令を送ってるという事なので、やはりホルモン不足(=甲状腺機能が低下している)
可能性があるという事。どちらにしろ、FT4の結果待ちという事で
とりあえずエナカルドが一週間分処方されました。
検査は結果が出次第、jumee☆telephone1bをくれるとの事。

もし甲状腺機能低下症であったとしても、ホルモン剤投与で
副作用の心配もなく劇的な効果が現れるようなので、その辺は安心。

あと前回の診察後、神経根の痙攣が少し出ていて、それが治まると共に
ブルブルも出来るようになってきた、もしかしたらブルブル出来なかったのは
そっちの影響かも、と話したら、痙攣も心臓のお薬の影響で
治まったのかもしれない、と言われました。
心臓のお薬は、血管を広げる効果があり、末端まで血液の流れがよくなるため
他の症状まで改善される事が、結構あるそうなのです。
どちらにしろ、状態が良くなったのは良い事です(^^)

あと…パッチの体重が一週間で300gも増えてて矢印ビックリ( ̄∇ ̄;)
ほら、元気がなくて食べ物を前にした時だけ、いつものパッチになるので
何となく運動量は減り、ついついオヤツの回数が増えていたので(笑)
その分気をつけて、食事を少しずつ減らしてたのになぁ。
見た感じ、少しウェストが太くなったな、とは思ってたけど
300gも増えてるとは思わなかった(; ̄ー ̄A
まぁ、パッチのベスト体重の上限なのでOKなラインなのだけど
少々ダイエットしなくては。

犬のダイエットは簡単なんだけどなぁ…(-。-)

■覚え書き■ 体重 9.86kg
肛門腺絞り 無料
エナカルド(@400×7) ¥2,800-
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。