スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DLCコラム】ケージレストの重要性

 09,2009 00:05
今回、愛犬が入院病院した訳ですが、そこで改めて感じた事があったので。

病院のああいう中に居る姿を見ると、
日常でのケージレストの習慣
いかに大事かという事を実感します。
でも口で説明しただけじゃ、解ってくれない飼い主さんも多くて汗とか
家では完全フリー(=自由が犬にとって幸せという考え)のお家も多い。
そういう方たちも、恐らく実際にその姿をみたら
「普段から慣れさせてあげておけばよかった…涙」と
後悔される場合が多いのでは、と思います。
でもねー。そうなってからじゃ、やっぱ可哀想じゃないですか(^^:

勿論、『こうこうこういう時の為に、狭い場所で
過ごす事に慣れている事で、こういうメリットがある』と
具体的に説明するんですけど、それでもなかなかね…。
実際そうなってみて「慣れないケージの中で、
体調も悪く不安を感じながら、よりストレスを感じている愛犬」を
目の当たりにしないと、やっぱり実感して貰えないのかなー。
まぁ、このパターンに限らず”もしも”の話って
そういうものかもしれません。

でも、ただでさえ具合悪くて不安なのに、
ケージに慣れてないという理由でさらにストレスを
与える事になってしまうのですから…。
”ケージに慣れているのはプラス面がある”だけではなく、
”慣れていない事でマイナス面もある”
事を認識して欲しいなぁ、と思うのです。
ストレスを増やすも減らすも、飼い主さんの意識次第。

ただ単にストレスの問題だけじゃなく、

■自宅安静が必要になった場合
■犬の苦手な人の訪問があった場合
■乗り物移動
■災害時の緊急避難時


など、色んな場面で必要になってきます。
特に自宅安静が出来ないと、治療に支障をきたす事になり
病気の治りにも関わってきますたらん
災害時に至っては、ただならぬ雰囲気も手伝って
パニックになる可能性も。

一番身近なところでは、【留守番時の事故防止】
飼い主だって人間なので、どんなに気をつけてても、
”うっかり”何かを置き忘れたりするし、普段イタズラしないコでも
100%何もしないとは言い切れないですよね。
普段ないものがそこにあって、たまたまそれに興味を示したら・・・(汗)
それに、天災などで、留守中に何が愛犬を襲うか解りません。
ハウス留守番は、そういう事故からも守ってくれる可能性が
ぐんと上がります上

犬は元々は狭い場所を好む生き物なので、一旦慣れてしまえば
逆に安心感を覚える場合も多いですし、家の中にいても
キラキラ安心出来る自分の空間キラキラを持たせてあげる事が出来ます。
それは、大型犬も小型犬も同じ。
大型犬と暮らしているからと言って、広いスペースが
必要な訳ではなく、動きも少なくいつも同じ場所にいるので、
逆に小型犬よりスペースが要らない、という話を
よく聞くことからも、その事は想像付くと思います(笑)

人間の感覚で『狭い所は可哀想』などと思い込まず、
犬の習性を良く勉強&理解し、入院時や災害時の事を想定して
なるべく早いうちから習慣付けてあげて欲しいなぁと思うのですアップロードファイル

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Tags: ドッグライフカウンセラー DLC ケージレスト

Comment - 2

2009.05.09
Sat
05:39

ウンター #mQop/nM.

URL

Re: 【DLCコラム】ケージレストの重要性

本当にそうですよね。
こちらオーストリアでは日本ほどケージの重要性を言う人は多くないらしく、うちは夜寝るときも留守番のときも人間の食事中だってケージに入れていると言うと結構みんな目をまんまるにしてびっくりします。
大体がペットショップで家用にケージが欲しいと言ったら店員さんに
「ワンちゃんを檻に閉じ込めるなんてこと絶対にしないでくださいね。」
と、まるでそんなことしたら動物虐待で訴えるぞと言わんばかりの勢いで言われました。

花子は始めからずっとケージを使う生活に慣れているので今ではそろそろそういう時間だなと分かると自発的にケージに入って行き、『お利口にケージに入ったご褒美をちょうだい視線』になります。

ケージへ入れている間は絶対に花子にとって安全に守られている時間。パチママさんに教えていただいてケージ方式にして大変満足しています。おそらく花子も。今更ながらですが、勧めてくださってありがとうございました。

編集 | 返信 | 
2009.05.11
Mon
04:53

パチママ #U7feGSno

URL

Re: 【DLCコラム】ケージレストの重要性

■ウンターさん
お返事遅くなりました!m(._.)m 
あ~~そうでしたよね!ウンターさんとお知り合いになったキッカケが
ケージの件でしたし(^^ゞ。そんなに前じゃないのに、なんだか懐かしいです(笑)

地下鉄にも口輪で同乗出来るオーストリアですし、
お国柄で常識とされている事も当然違うでしょうから
ケージを入手するのも大変でしたよね(^^:
でも結局は、そのご家庭に一番合った暮らし方をすれば良い事ですよね。
こうして時間が経ってから、花子ちゃんにとっても
ウンターさんご一家にとっても満足しているとおっしゃって頂いて、
本当に嬉しいです(*^^*)

一緒に暮らすといっても、あくまでも人と犬。
お互い線を引くべきところはしっかり引いて
良い関係を築けたら理想的だなぁと思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。