スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治癒記録

 26,2009 00:00
19日。抜糸直後。縫い目の窪みも大きく、広範囲に皮膚組織が硬化。
0519kizu_asi.jpg
24日。なぜかいつも深夜に齧っては出血を繰り返し…エリカラ復活し、軟膏治療に専念。
0524kakato.jpg
25日。カサブタが周りから取れかけてきて、赤みもかなり治まる。
急に治りが早まった感じ。
0525asi.jpg
26日。齧ってるトコ発見直後(毛が濡れてるし(^^:)
カサブタ取っちゃいましたが、出血は無し。
0526asi.jpg

抜糸直後は、かなり広範囲に組織が硬化していて、
「こんなに大きいシコリなのに、1ヵ月でホントに柔らかく戻るのかなぁ??汗とか
という感じだったんだけど、早くも1週間でビックリする程柔らかくなってます。
24日から、ほぼ24時間エリカラ生活に戻して、
軟膏を1日2回塗るようになってから、急速に治りが早くなったような。

ホメオパシーのような代替医療は、賛否両論あるし
その子に合ったレメディを使用しないと効果がないので、なんとも言えないけど
犬猫には、人間みたいに「治療を受けた安心感」みたいなもので
なんとなく調子が良くなる手書き風シリーズ矢印上事もないだけに、
ハッキリ結果が出てくれば、信憑性はあるかな~という感じ。
体質に合ってるとか、効果を感じられるなら、それでいいんじゃないかなー。
何より、原因がよく解らないのに、とりあえずステロイドを処方されたりするより
よっぽど安心。

でも頬~顎、喉が真っ赤で痛々しい…いや、痒々しい(汗)
改めて見たら、顎に大きな掻き壊し痕が(T-T)
0525pa_kao_up.jpg

まーでも、寝てる時はこの寛ぎ様…なんですか、この投げ出された足はっ( ̄∇ ̄;)
0526pa_bed1.jpg0526pa_bed2.jpg
さらに頭も枕ですか…。そうですか。
0526pa_bed4.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。