通院記録~ステロイドとホメオパシー~

 19,2009 00:00
あたしの投薬間違いで(^^:21日に終わるはずの痒み止めが
今日で終わってしまったので病院へ。

減薬4日目。最近殆どしなかった、顔を擦りつけたり
後脚で脇を掻いたりという仕草が、ボチボチ出てきたと報告。
そしたら「頓服で使うようにしましょう」という事になった。
定期的に飲むのではなく、酷い時だけ3日連続で使う、という方法。
(ステロイドは、1~2ヵ月連続服用した場合は、時間を掛けて抜いていかないと
リバウンドが出るけど、今回のように1週間とか
その程度の使用期間なら、急に止めても問題ないとの事。)

今処方されている量(1日半錠)は、パッチの身体からすると
かなり少ない量なので、1日1錠で、とりあえず10錠処方されました。
明日からどうなるかな~って感じですが、またあっという間に酷くならないといいな。

ホメオパシーの事も、もう少し詳しく聞いてきました。

ネットで検索してたら”好転反応は10%”とかいう記述を目にしたので
聞いてみたら、やはり「可能性のある事なので一応お話はしますが、
それはあんまり気にしなくて大丈夫です」との事。
好転反応が起こるのは、レメディのポテンシー(=強さ)が合ってないと言う事のようで、
それによって、強さを変えたりするって事なのかな…?
アグラベーションとかポテンシーとか…専門用語が多くて難しいですヾ(´▽`;)ゝ
とにかく好転反応が起きた場合、レメディを中止すれば
症状もすぐに治まるし、余り心配しなくてもいいとの事でした(^^)
(ただ、直前までステロイドを使っていると、好転反応が出易いというリスクはあり)

ホメオパシーに関しては、誰が使っても同じように効果が出る化学薬品と違って
処方する人の技量次第みたいな部分が大きいと思うんですが、
色々話していて、その点も安心してお任せ出来る気がします。
やっぱり、言われるがままではなく「会話する」ことは
納得した医療を受ける為に重要だなと思います。
今までも、原因不明の不調の時とか、ホメオパシー治療で実際に効果を感じた事が
何度かあったので、皮膚で効果が出てくれるといいんだけどなぁ。

そうそう。家に帰ってからパッチのお腹を撫でてて、5月に切除した
胸の脂肪腫(3cm大)があった場所から2~3cm下に似たようなシコリを発見。
今は5~6mmかなぁ?
多分、パッチはあの位置に脂肪腫が出来易いんじゃないかな。
あたしの予想では、何となく、また大きくなりそうなな予感。
次回の診察で一応診て貰おうと思うけど、多分様子見になるでしょう。

■覚え書き■ 約9.3kg
痒み止め(10錠)   ¥1,500
外耳処置        ¥1,500
肛門腺絞り・爪切り     無料  計 ¥3,000-
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts