スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチン

 18,2009 00:00
世間はシルバーウィークとやらに突入したようなので、きっと病院も混雑必至。
ウチは今月、明日と24日しか休みがないので、車で行けるうちにとパッチの病院へくるまダッシュ
年一の8種ワクチンと、痒み止めもなくなりそうなので。

今月初の通院でしたが、体重は前回と1gも違わず9.72kg(笑)
いつもの如く注射は一瞬で終了し、かなり限界まで来てる皮膚の診察メイン。
1ヶ月前に処方された痒み止め(セレスタミン)を
「3日連続投与→一週間空ける」のローテで与えてたんだけど、
今の与え方なら全然問題ないとの事で一安心。
今回も10錠(約1ヵ月分)処方して貰いました。
あまり薬は使いたくないけど、パッチくらいのカイカイキャリアになると
やはり対症療法がメインというか、薬の使い方さえ間違わなければ、
あたしも正直気がラクだな。色々と出来る事はやっているし。
ようやく涼しくなってきたし、少しずつでも症状が軽くなってくるといいんだけど!
脇のシコリは、やはり刺激性のものらしく心配ないとの事。
月末にの薬がなくなるので、また来なくては。
爪切りは15日に自宅でしたばかりなので、肛門腺を絞って貰って終了。

そうそう!昨日は特に報告しなかったけど、目の間のイボは
完全に普通の皮膚の色に戻ったので、また出血しても塗り薬で対処すれば
どうにかなりそうです(´▽`)

ところで、外耳処置中は立った状態で横向きにAHTさんに保定されてるんですが、
右左と方向を変えさせた時、院長が「はは。賢いね」と笑い、AHTさんも(^m^)クスッと。
何のことやら解らなかったので聞いてみると、本当にちょっとした仕草なんだけど
裏返された時にその動きに合わせて協力すると言うか(笑)
自分で左右の足を、ちゃんと入れ替える犬がたまに居るそうで。
病院でパニックになっちゃう犬は、そんな余裕ないけど
左右を理解して、する事が解ってる犬は、そういう動きをするんだそうです。
パッチを10年以上診て貰ってる院長なので「この子はかなり賢いよね」と(^m^)
言われてみれば、外から帰ってきた時の足拭きも、パッチはかなり協力的。
右脚拭き終わると、勝手に左脚上げるし←エラそう(・m・)
病院では緊張しつつも、そういう動きが出来る余裕があるという事だな。

病院は大好きじゃなくていいけど(笑)最低限、治療に支障が出ないように
対応出来る子に育つように、と小さい頃から気をつけてきたので、
その甲斐があったと思えた出来事。嬉しかったな。

お金とか払わなくていいから、早く出ようよぅ(爆)
0918pa_keitai_tate.jpg

…いやいやいや。(汗)

■覚え書き■ 体重9.72kg
8種ワクチン     ¥8,000
痒み止め(10錠)  ¥1,500
外耳処置       ¥1,500
肛門腺絞り        無料  計 ¥11,000-
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。