月命日。

 21,2016 15:58
本日、最初の月命日。
といっても、基本無宗教なので、特にコレと言って
変わりはないけど(^^ゞ

それにしても、本当に…
後悔などもないせいか、想像していた以上に
悲しいとか淋しいとか…そういう気持ちは全くないのです(笑)
泣いたのは、亡くなった時と、後日にお会計とお礼に伺って
お世話になったスタッフさん達の顔を見た時くらいで。
家で独りでいる時間も多いのですが、
そういう時間も、ごくごく当たり前に過ごしています。
アレコレ考えたり、ふと淋しさを感じたりとかも……ない。(笑)
だって、姿がお骨になっただけで、そこに居るし。
例えるなら『手が掛からないパッチに変身したっていう感じかな(・m・)

18年以上もの間、数えきれない大勢の方たちに
お世話になり、いっぱいいっぱい愛され、
最期まで、見えて聞こえて食べて自由に動けて、
”犬らしい生活”を失うことなく、力強く生き抜き、
誰よりも幸せな犬生を全う出来たと思っているので、
これ以上の幸せはありません
そういうパッチの飼い主でいられたことを誇りに思うし、
その気持ちは一生変わらないと思います
恐ろしく手のかかる、思考も行動もイレギュラーなパッチと
常に正面から向き合い、苦労は人一倍も二倍も三倍も…
いや、もっともっと多かったけれど
それを経験した自分にしか得られないものが
沢山たくさん、あったと思います。私の一生の宝物です

DSCN8700_sk.jpg

火葬までの間もを食い散らかしたり踏み散らかしたり
嫌がらせチッコを撒き散らしながら歩いたり…っていう、
今まで恐ろしく大変すぎた下の世話ナシで、
介護のイイトコ取りを体験させて貰ってるって感じだったので
なんだか嬉しかったけど、さらに今は
なーーーんにもしなくていいし♪(笑)
とにかく、亡くなる前から後へのシフトが
めちゃめちゃ自然過ぎて、自分でもビックリするくらい。
なので、まだ一ヵ月しか経ってないのに、
亡くなったのはもうずーーっと昔の事のような…
ずっとずっと前から、パッチはお骨になって
そこに居るような。そんな不思議な感覚です。

この一ヵ月で、パッチのお骨まわりは、ちょこちょことバージョンUP
最初、骨壺にカラー掛けてみたけど、なんか骨になってまで
カラー着けるのも可哀想な気がして…
長年使用した迷子札は、パッチフィギュアに着用して貰いました。
このフィギュアも、ネットを通じて知り合ったお友達に作って頂いたもの(謝)

DSCN8834_s.jpg

そして、私は別になくてもいいと思ってたんだけど、
ダンナが「”おりん”が欲しい」と言うので、ネットで、おりん探し。
スペースも狭いし、いかにも~って感じのは嫌だったので
ベル型とか、洋風でオシャレなのがいいなーと思って。
ちょっと高かったけど、ピッタリなのが見つかりました♪
もうパッチの出費も終わったし…と奮発(笑)


音は、YouTubeで確認してから購入。
いかにもな音じゃなく、風鈴みたいな澄んだ高音で
とっても綺麗な音色(*^^*)良く響きます
毎日、鳴らすのが楽しみになりました。高かったけど買って良かった

りん棒が収納できる(収納しても音は響き続けます♪)のでコンパクト!
出来てから6ヶ月寝かせてるそうです
DSCN8904_s.jpg
先端は桜の木。
DSCN8910_s.jpg
写真立て・迷子札が艶消しシルバーなので
おりんも勿論、艶消しシルバーで統一感♪
DSCN8933_sk.jpg
で、今はこんな感じ。
DSCN9365_sk.jpg
…ギュウギュウだし。( ̄∇ ̄;)
DSCN9363_sk.jpg

それにしても。「犬、変わった」って言われる訳だよねーヾ(´▽`;)ゝ
本当に、ビーグルほど年と共に姿が変わる犬っていないと思う!
(だから、骨壺の”御写真入れ”に入れる写真をまだ決めてないの。
昔のパッチと最近のパッチ、姿が全然違うから…笑)

DSCN8921_s.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment 4

2016.08.22
Mon
08:32

cana #ebmkLikg

URL

ありがとう パッチ君

長い間楽しませてくれてありがとうございます
いつかはお別れと思っていましたが、いざ目にすると心が痛みました
我が子に置き換えてしまったせいでしょうか
でも 私もパッチママさんのようにお別れ出来たらと思っています
セレモニーの様子 とても参考になりました
ありがとうございました

編集 | 返信 | 
2016.08.23
Tue
00:21

めるママ #7ScjOPVQ

URL

No title

パチママさん、お知らせありがとうね。
パッチ君の記事、一気に読ませてもらいました。
やはり、パチママさんは「すごいな~!」の一言につきます。
めると重ねて、うるっとくる場面もあったけど、読み終えて、パチママさんの清々しい気持ち、分かるような気がします。
パッチ君もパチママさんも、今まで本当によく頑張って来られて、悔いなし!生き切った感がすごく伝わってきました。
これからも、パッチ君はきっとパチママさんのそばにず~~と居ると思いますよ~~。
そして、パチママさんを守ってくれるんじゃないかな~~♪
めるもめる姉の肩に乗っかって、一緒に東京へ行っちゃったね~~なんて、言ってましたよ~(笑)

本当に本当に、お疲れ様でした。
そして、パッチ君、楽しませてくれて、ありがとうね~~~。

編集 | 返信 | 
2016.08.23
Tue
11:50

パチママ #U7feGSno

URL

To canaさん

canaさん、長文にお付き合い頂きありがとうございました!!
なかなかコツコツと記録することが出来ず(^^;
色々と、まとめてのご報告になってしまいました。

犬が亡くなると、それから顔を合わせる機会がなくなったり
交流も途絶えてしまったりして、ましてや葬儀の事なんかは
実際に経験してみないと解らない事が多いですよね。
でも、事前に大体の様子が解っているだけでも
その時を迎えた時、違うと思うので…。
いつか皆さまのお役に立てばと、
長くなりましたが詳細を記録しました。

ここ数年は放置ばかりのブログでしたのに
パッチの様子を気に掛けて下さって
本当にありがとうございました!
これからも細々と続けて行きますので宜しくお願いします(^^ゞ

編集 | 返信 | 
2016.08.23
Tue
12:05

パチママ #U7feGSno

URL

To めるママさん

一度にアレコレUPしてしまってゴメンナサイね~(^^;
最期、急に色々あったのもありますが
やっぱり、詳細に記録はしておきたいので
ついつい長くなってしまいました。
こちらこそ、本当に長い間可愛がってくださって
ありがとうございましたv-344

この感じが伝わって嬉しいですv-238
これから動物たちを見送る方には、
ぜひこの感覚を味わって頂きたいなぁ…と思って。
パッチの場合、15歳9ヶ月で開腹手術に踏み切っているので
その時点で、一度すっかり覚悟は出来ていたというのも
大きかったかもしれないですね~。

めるちゃん…確かにめるママさんの所には、
なるちゃんも居てくれるし、安心して
める姉さんと上京しちゃったかも!(^m^)
それはそれで、安心ですよね♪

編集 | 返信 | 

Latest Posts