カートのはなし。

 30,2016 00:00
ペットカート「我が子」と散歩 高齢化で乳母車に愛犬 (毎日新聞2016年8月30日)

我が家がカートを購入したのは、2006年2月だった。
実に…10年も前!
キッカケは、その前年に前庭疾患(※推定)で歩けなくなった時、
短期間に何度もタクシー通院した経験から。
もちろん、その可能性を考えて、ギリギリタクシー通院出来る範囲
(自分基準で、片道1000円以内)のを選んだ訳だけど
やはり原因が良く解らなかったり、こまめに経過観察が
必要だったりすると、週に3日とか通う事になり…
交通費だけでもかなり掛かってしまう

カート代金、¥9,334。
往復のタクシー代と、今後こういう事が絶対増えていく事を
考えたら、買ってしまった方が安上がりだと思って。
もちろん当時は若かったから(8歳)
その後、殆ど使わない時期が何年も続いたりもしました。
まぁ”買った途端に使わない”あるあるですな。ヾ(´▽`;)ゝ

当時は相鉄線&みなとみらい線にカートで乗車出来たので(※無料)
都内から同じく犬連れで遊びに来てくれた友人と
中華街でランチしようということになり…
後にも先にもカートで公共機関を使ったのは、その1回だけだったなぁ。
2013年からカート乗車禁止になった路線が増えてしまったしね

今でさえこんな風に言われるんだから、
当時はカートなんて超珍しくて、すっごく好奇な目で見られたし
この記事のように思ってた人は、今以上に多かっただろうと思う。
特にパッチはパピーに見られてたし。若くても

「諸事情で歩けない」
「具合が悪い」
「暑い中通院しなきゃいけない」


とか、色々有るのにねーー。
今の時代に犬と暮らしたことが無い人には、
なかなか理解しがたいかもしれないけど
そういう事は容易に想像付くと思うんだけどなぁ(^^;
まぁ犬の場合、脚の怪我とかだとすっごく元気だったりするから
気付きにくいだろうけど…ヾ(´▽`;)ゝ

こんな風なので、ラブラドールの仔犬が載ってると思われてた(爆)
(2015.8.11撮影)
DSCN1167_ss.jpg

私も、歩けるのに人間の赤ちゃんみたいに扱って
歩かせないとか、いつでもどこでも犬と一緒とか、
明らかに犬が楽しめる場所じゃないのに、
ただカートで連れ歩くとかは、はんたーーい
そりゃ、ただ人間がラクしたいとか
可愛い愛犬を街中で見せびらかしたいとか
《人間が行きたいところに犬を連れて行きたい》だけだと思う。
一緒に歩かなきゃ出来ない躾やコミュニケーションだって沢山あるのに。
そもそも「我が子」とかいう考えが好きじゃない。(爆)
”家族の一員”ではあるけど”子”ではない。
その辺の線引きが出来ない飼い主さんも多いからなあ…(^^;
悪いとまでは言わないけど、私はその擬人化が好きではありません。
種が違うものに対しては、やっぱりどんなに可愛くても
愛情があっても、必要な線引きってあると思うから。

最近は、商業施設の方がそう言う需要に合わせ過ぎかな…って
思う事も多い。結果、収入に繋がるからなんだろうけど
「こんなトコに犬連れてこなくても良くね」みたいなところまで
犬連れOKになってて、近年、犬飼ってても何だかねーー
思う事が増える一方だったような。(苦笑)

歩けるうちは、なるべく犬が犬らしく楽しめる場所に連れて行き、
しっかり歩いたり走ったりさせて身体を作りましょう(笑)
カートでマッタリ散歩なんて、年取ってからでも出来るんだから!

カートで雨降られるのが一番困るんだよねー
(2015.9.11撮影)
RSCN1631.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts