通院記録 ~膀胱炎?~

 10,2015 00:00

前日(9日)の夜、19:15。
いつものようにトイレでオシッコしたパッチ。
ちゃんとシートの上でしてくれないと、後の手間が増えるので(^^;
トイレに入ったら、付き添ってお尻を押してやるんだけど
トイレから出てきた途端に血が2滴…
オシッコ自体は見た目普通だし、どこから出血
チェックしてみたら、尿道口から出ているのを確認。

DSCN9563_s2.jpg

1時間後の20:15、深夜2:00、そして翌朝。
やはりすべて排尿後に血が出ているので、
朝の尿持参で急遽通院
採尿した尿自体は、綺麗に見える…。
一般的に、

■尿自体が赤い=腎臓
■排尿の最後に出血=膀胱


の可能性が高いらしく、膀胱炎かなぁ…?
8日のシャンプー後から、前回の通院記録にも書いた通り
尿検査の結果、尿自体には潜血反応が無いとのこと。
「排尿の回数が増えてないか?」と聞かれたけど、
もともと多いし 出血しだしてから、特別増えたということもなく。

通常、膀胱炎の場合は尿自体に血が混ざるので、
膀胱の状態をエコーでチェックさせてください、との事。
その際、ある程度膀胱に尿が溜まった状態じゃないと
診られないので、そのまま半日預かりとなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18時前にお迎え。
預かり中、抗生剤の注射を1本打たせて頂きました、との報告
エコーの結果、腫瘍らしきものは見当たらず、
尿を顕微鏡で覗くと動くものが見えるとの事で(^^;
細菌がいると思われるので培養に出しました、と。
培養によって

「どんな種類の菌が居るか」
「その菌に効く薬」


が解るとのこと。
ちょうど他の薬が16日の朝で終了するので、それまで6日間、
オーグメンチン(左/抗菌剤)と、トランサミン(右/止血剤)で様子見。
その頃には、培養の結果も出ているそうなので。

DSCN9564_s.jpg

犬には(特に♂は)膀胱癌というのは少ないらしいんだけど、
この年齢になると、何が起こってもおかしくないからね…(^^;
少々覚悟はしていたけど、悪いものじゃなさそうで一安心(´▽`)ホッ

トッピングがまた増えた 嬉しいのはパッチだけ(T∇T)
RSCN9569.jpg

■覚え書き■
注射(抗生剤)             ¥2,000
オーグメンチン・トランサミン(@500×6日)  ¥3,000
検尿                   ¥1,500
超音波検査               ¥5,000
入院料(半日)             ¥1,750(※)  小計 ¥13,245-
△アニコム               △6,625
端数切捨                △   5       計 ¥ 6,620- 

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts